テーマ:函館

函館の夜景

長々とやっていました函館の旅行シリーズも今回で最後。 最後はお馴染みの函館山からの夜景です。 できるだけ荷物を軽くしようと、望遠レンズのみ持って行ったのが失敗。 くびれが撮れませんでした。 それでも世界三大夜景と言われる美しさを堪能できました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五稜郭と五稜郭タワー

五稜郭は1864年に江戸幕府によって作られた洋式の城郭です。 大政奉還後新政府へと移管されましたが1868年に榎本武揚らにおいて占拠され、 戊辰戦争最後の戦いの場となりました。 守備の際に死角をなくすために5つの角を持って入るのが特徴で、 その形から五稜郭と呼ばれています。 五稜郭タワーより五稜郭の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館の坂

函館元町地区には数多くの魅力的な坂が存在します。 その中からいくつかをご紹介します。 二十間坂 横幅が二十間(約36m)あるためこの名がついた坂。 通りには重要文化財に指定されている真宗大谷派函館別院があります。 大三坂 昔、大三という宿があったことからこの名がついた坂。 日本の道1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

旧ロシア領事館

1908年に再建され1944年までロシア領事館として使用され、その後1965年から1996年まで函館市立道南青年の家として、宿泊研修施設として利用されていました。現在は中に入ることができないのですが、少し前まで現役として使われていたのが信じられないほどのレトロな建物です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

旧函館区公会堂

旧函館区公会堂は、地元の豪商の寄付によって建てられた公会堂で、函館を代表する明治洋風建築物です。 大正天皇が皇太子時代に宿泊し、昭和天皇も休憩したことのある由緒…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

函館ハリストス正教会

1859年に初代ロシア領事館の付属聖堂として建てられたのがきっかけ。 現在の聖堂は1916年に再建されたもので、屋根のみ1968年に改装されました。 建物はロシア風ビザンチン様式で、大小6個の鐘の音が市民にも親しまれ、「ガンガン寺…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カトリック元町教会

元町地区一押しの教会が今日ご紹介するカトリック元町教会です。 外見も素敵なカトリック元町教会ですが、中が非常にすばらしい! 写真は禁止されているので撮影はしませんでしたが、厳粛さと神聖さを実感できる場所。 またローマ法王から贈られた祭壇が見事でした。 ちなみにこの教会は1859年にフランスの宣教師によって仮聖堂を立てたことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館で出会った猫たち

といっても写真に収めたのは2匹ですが まずはカトリック元町教会と函館ハリストス正教会そばで出会った猫。 すごく人懐っこくて、歩く人にすりすり寄って来る。 もうかわいいのなんの ズボンにすりすりしてきてなかなか撮らせてくれ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

函館聖ヨハネ教会

函館聖ヨハネ教会は元町地区にある教会のひとつで、その形が特徴的なことでも知られています。 創建は1878年ですが、度重なる火災により焼失さらに移転を繰り返し、現在の地点に落ち着いたのが1921年のこと。そして、1979年に建替えし現在の姿になりました。 (画像をクリックすると大きくなります。) 現在は敷地内の見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラピスチヌ修道院

昨年11月函館へ旅行に行ったときの写真シリーズです。 別ブログで載せていたものの移転版となります。 っていうかもう時期ハズレもいいところですね 函館空港をおりレンタカーを借りてまず立ち寄ったのが、函館市郊外にあるトラピスチヌ修道院です。 ここは厳律シトー会系の女子修道院で1898年に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more